1. HOME
  2. ナビゲーター
  3. マーサ(薄井 昌子)

Navigator

ナビゲーター

マーサ(薄井 昌子)

マーサ (薄井 昌子 うすい まさこ)

国家資格キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント/ゴールド人財コンサルタント/

大学卒業後、東京都の教員採用を待ちながら、足立区の小学校で臨時教員として働き、翌年1987年に銀行系IT企業に入社。次の年から新人研修インストラクターとシステムエンジニアの二足わらじで8年間新人研修を担当。全力でSEの雛たちの育成に取り組みました。2000年に育児休暇を経て教育部門に着任。子育てをしながら管理職として両立。昭和の企業戦士さながらに睡眠時間を削り働く日々。中・高・大の10年間、バスケットで鍛えた体力・気力が「強み」そのものでした。育児と仕事の傍らで、コーチや、キャリアコンサルタントの資格を取得し、植田道場(社内講師育成道場)にも参加。ヒューマンスキル系研修の社内講師として、コーチング研修、ファシリテーション研修、モチベーション・リーダーシップ研修等を、社内・グループ企業向けに実施。管理職手前の女性社員を対象に、2013年から4期、子育て両立や管理職を目指す女性社員応援の「活性化サロン」を実施。人事部門の責任者を経て、58歳で役職定年。ポジションパワーを失って1年半、暗いトンネルの中で心が右往左往しながらも女性活躍推進を担当し、再び女性管理職候補の応援に取り組む。けなげに頑張る管理職候補の女性社員たちの姿、私の心の復活を信じて応援してくれるメンターや仲間達に支えられて、長いトンネルから心が脱出。現在は、キャリアコンサルタントの資格を活かし、勤めている企業内にセルフキャリアドックを展開。年間200回以上の面談を通して、キャリアエンゲージメント向上を支援中です。60歳を超えて、子育てと仕事の両立、管理職として山あり谷ありの経験、乳がんの経験、役職定年後の複雑な感情からの脱出経験等、長いキャリアの中で経験した全ての引き出しを空けて、働くみなさんを応援していきます。2024年1月からコラム「自分らしくいこう」新連載。読んでね!

Q1. 私の人生状態(家族構成)

1963年10月13日生れ。現在60歳。夫と娘の3人家族。一人娘は4月から社会人4年目。5人兄弟の上から2番目(兄と弟3人)で男の中で育ち、学校は中学~大学まで女子校。10年間バスケットボールで鍛えた気力は健在(体力はそれなり)です。大学卒業後小学校の教員採用を1年間待つ間、足立区の小学校で普通学級に学ぶ肢体不自由児の小3児童の介添え教員を実施。休み時間になると子供を脇に抱えてドッジボールの輪の中へ。皆で楽しく全力で遊び、思いやる心を育み、心に残る子供たちとの1年間を経て、IT企業に入社。新人研修担当を任された時は、教師の疑似体験ができる喜びで、全力で新人と向き合いました。その後営業部門へ。この時代に出会った夫と結婚し、出産し一女の母に。育児休業明けの1年後には再び教育部門へ着任して、80人の新人とインストラクター陣の手綱をにぎりワクワク全開。人材育成は、自分にとっては、この上なくやりがいのある未来をつくる仕事。子育てを夫の両親が平日同居で応援してくれたおかげで、15年、これぞ天職!と、バスケットで鍛えた体力と栄養ドリンクを武器に、昭和の企業戦士のごとく走り抜きました。でも、体は悲鳴をあげていた。55歳の時に、3回の再検査を経て乳がん診断。早期発見のおかげで1週間の手術入院で切り抜けましたが、左胸全摘です。いま経過観察5年目。手術後の私の管理職としての最後の務めは人事部門。未経験分野の管理者です。自分にできることはイザというときに「私の責任です」と言うこと。15人の部下が、それぞれの専門分野や強み分野で仕事に専念できるような職場作りをすること。新入社員~役員まで、ひとり一人と向き合って、社員におこる様々な喜怒哀楽に寄り添うことでした。全力投球の私も、58歳の時に「役職定年」があり、そして同じタイミングで娘が社会人。一人暮らしを始め私の手を張れていきました。このダブルの喪失感から、長くて暗いトンネルで心が右往左往。立ち直るに1年半。もしも、自分一人でこのテーマを抱えていたら、もっとトンネルは長くなり、長期間自分を肯定できなかったことでしょう。これらの全ての体験は、何一つとして無駄は無く、これからの私の活動のためにあったのだ!と今は、とてもワクワクしてナビゲーターに参画しています。企業の管理職としてストレスと戦うために食べ抜いてきた時代を終えて、今は目指せ、美婆!です。

Q2. チャームポイント

美婆!を目指しているけれど、隠しきれない威圧感。ハスキーボイスは子供の時から。怒ってないです。真剣なだけ。私と会ったときには、まずは、これを思い出してください!
私の通った女子校には有名な校訓「恥を知れ」と、あまり知られていないもう一つの教えで「らしくあれ」があります。私は「らしくあれ」が大好き。簡単ではないからこそ、これを原点にしています。

Q3. モチベーションの源泉

無垢なものと出会ったとき、それを守りたい!とモチベーションがあがります。高潔な思いを抱く人々とであったときに、心から役に立ちたいという想いが湧き上がってきます。人が困難に立ち向かっていく姿をみては感動し、自分も頑張ろうとモチベーションが上がります。私のモチベーションの源泉は、真剣に頑張っている人を応援することなんだと、改めて実感しています。
また、旅先でおいしいものに出会うこと。美しい景色を見ること。そして美しい写真を撮ることです。毎年桜の季節になると、桜を追いかけて写真を撮りたい衝動でいっぱいになります。どうしたらもっと美しく撮れるのか、そういうことをまた、真剣に考えながら何時間も向き合う時間がとても楽しいです。

■私のライフチャート

まーさ『QBOナビゲータへの道』

講師陣トップへ戻る