1. HOME
  2. ブログ
  3. 参加者の感想

参加者の感想

2022年4月16日 ハピネスサロン
~生涯現役を目指す50代60代のためのサロン~ No.3

 第3回ハピネスサロンのテーマは『あなたのパーパスは何ですか?」
”想いはあるけど、言葉にするのが難しいよね”、”こんな感じかなあ?”と、心に感じていることを言葉にして共有しました。

「子供たちに、いい未来を残したい」
「存在価値、誰もやっていなかったけど、自分が大切だと思うことを進めていく」
「自分の経験、持っているものを全部さらけ出して、人がイキイキ働くことを応援していく」
「自分が介在することで、質の良さを追求し、未来に残していく」
「存在意義、人の目が変わる瞬間、顔つきが変わる瞬間に立ちあう」
「誰のために?皆のために?自分一人のためには頑張れない」
「日本を変える、命をもらった意味を探す」

「今、やっている仕事の中で、何をやっているときに充実しているのか、ここを掘る、掘って、掘って探していく。」
「仕事の意義と自分の情熱が合っているときに幸せを実感できる。」
「理解することではなく感じること。」
「社会、組織、個人、その仕事の意味が根っこでつながっている。」
話せば話すほど、奥が深く、これからも自分の気持ちを感じ取りたいね、という時間となりました。

2022年2月19日 ハピネスサロン
~生涯現役を目指す50代60代のためのサロン~ No.2

 第2回ハピネスサロンは2月19日(土)に開催し、テーマは、『自分にとって”働く”とは?働く上で大切にしたい価値観』でした。
キャリアビジョン、ありたい姿、DoingではなくBeing、Will・Can・Must、“働く”と“はたらく”、いろいろな捉え方があり、対話の中にはそれぞれの想いがありました。
「自分が頑張った時に、誰が幸せになれるのか?」
「誰のために?何のために?」
「働くことがあたり前、健康だから周りの人に役立つことがしたい」
「働くことで誰かを支援したい、そのためにも専門性を高めていきたい」
「承認、存在価値を認められたい、どうしてだろう?」
「好きなことを仕事にしたいけど、好きな事では稼げない、でも好きなことがあるから、その時間を楽しみに働ける。」
「大事にしているキーワード、価値観、あるけど、それでいいのかな?本当にそうなのかな?」
「今の仕事が好き、他に趣味がない、休みの時も仕事に役立つことを考えてる、それはダメなのかな?」お互いが、自分の気持ちを素直に言葉にするのがハピネスサロン、対話しながら、問いかけあいながら、お互いに気づきを深める場です。ちょっとほろ酔いで(笑)

第3回目となるハピネスサロンは、4月16日(土)に開催致します。
今回のテーマは『あなたのパーパスは何ですか?』
リラックスしたオンライン空間で対話しながら、お互いのパーパスに磨きをかけませんか?
※今回より、開催時間を繰り下げ、18時~20時となります。

2021年12月18日 ハピネスサロン
~生涯現役を目指す50代60代のためのサロン~ No.1

ハピネスサロンは、ゴールド人財トリオが運営するスペシャルプログラムです。

★ゆみちゃん(昌宅由美子)62歳 暖かオーラの包容力が溢れている!キャリアコンサルタント&ファイナンシャルプランナー
★カズさん(高久和男)61歳 みんなの心を軽くしちゃう癒し系! がんサバイバー&キャリアコンサルタント
★マー姉ちゃん(山岡正子)60歳 とびきりの笑顔で周りを元気にする!キャリアコンサルタント&ファイナンシャルプランナー

私達ゴールド人財トリオは、人生の背景は全く異なりますが、想いはひとつ。
「生涯現役を目指す50代、60代の仲間を増やしたい!応援したい!」
その想いを形にするためにスタートしたのが、ハピネスサロンです。
ここには、ホンネで、仕事や人生について語り合える仲間がいます。

12月18日に開催した記念すべき第1回のテーマは『2021年って自分にとってどんな年だった?2022年はどんな年にしたい?』
初対面の方同士、ちょっと照れたりしながらも、すぐに打ち解けた空間となり、たっぷり会話を楽しむことができました。
参加された皆さんからは、「こんなにホンネで話せると思わなかった(笑)」、「リラックスして皆さんとお話しできて、楽しかったし、スッキリした」、「つらかったのは自分だけじゃないですね、安心しました」などのコメントと、暖かな笑顔がありました。

第2回目となるハピネスサロンは、2月19日(土)に開催致します。
今回のテーマは『自分にとって”働く”とは?働く上で大切にしたい価値観』

参加のための約束は ①カッコつけない ②相手の意見を否定しない ③笑顔で参加するです。サロン形式ですので、好きな飲み物(ソフトドリンク・アルコール)を持参して、リラックスした雰囲気で語りあいましょう。

2021年9月22日 臼井淑子『自分の「ギフト(強み)」を知って いきいき生きる、いきいき働く』

  • 人と比べて「自分にはあれが足りないから苦手、できない」と嘆くのではなく、自分の強みを活かして取り組むならどんな風にできるかと考え、実行することが、自分らしさ・活き活きにつながるのかなと思いました。(40代女性)
  • 学びしかないというぐらい充実した濃密な時間を過ごさせていただきました。自分の強みを改めて客観的に知り、どう生かしていけるか、苦手としている部分はどう強みを使って補っていけばよいのか等、非常に多くのことを学ばせていただけました。(30代女性)
  • 友達や、親しくしている会社の後輩などにもぜひ受講を勧めたいです。(30代女性)
  • 発想を転換することで、弱みを強みでカバーできることを学びました。(20代女性)
  • いまキャリアに悩んでいる後輩や、強みにフォーカスした人材育成を考えている企業の人事担当者に受けていただきたいです。(40代女性)

2021年8月18日 臼井淑子『自分の「ギフト(強み)」を知って いきいき生きる、いきいき働く』

  • 自分の強みを他者のために使うことで、より、満足度が高まり、活き活きとはたらける、暮らせることがわかった。(50代女性)
  • 自分の強みは当たり前にやっていることが多いけれど、資質を意識できれば、もっと使えるようになるし、活かせるということを学びました。(40代女性)
  • 苦手な部分も自分の資質であり、欠点ではないということが嬉しかったです。強みを活かして自分の喜びを増やしていきたいと思いました。(60代女性)
  • 自己効力感が下がっている方、強みを言語化できていない方にお勧めしたいです。(50代女性)
  • 自分の資質を知ることができ、またいろいろな資質があることを知ることができ、大変勉強になりました。成長する方法や注意することもそれぞれあり、わかりやすく説明を受けることができました。ありがとうございました。(50代女性)
  • 今後のキャリアや生き方をどうしようかと考えている中堅女性たちに受けていただきたいです。(50代女性)
  • これまでの自分の認識、考え方、行動など、当然のこととしてやってきたことを、強みと捉えられたこと。そして、その強みを意識してより活用することで、仕事やプライベートな関係構築に、プラス思考で取り組めるなと思った点。これらが学びとしてあったと考えています。(50代男性)
  • 今悩んでいる20代の自分の娘にもぜひ受けさせたい。(60代女性)

関連記事

最近の記事

アーカイブ

月を選択